--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターオーシャン5 / クリア後レビュー・感想

04:17

皆さんこんにちは♪

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-_20160408192457


今日はスターオーシャン5をクリアしたのでクリア後レビュー・感想を書いていきたいと思います

プレイ時間は20時間前後でクリアしましたので
ネタバレを含みますが書いていきたいと思います(u_u*)

まずストーリーですが
正直な感想としてはちょっと詰め込みすぎて唐突な展開が多かったような印象です

最初にレスリアともうひとつの国家との対立や紛争を描いていながらも
中盤になるとエイタロンとよばれる盗賊が第3勢力となりうるクロノスと手を組んでいて
この辺から唐突に惑星内の戦争から一気に離れてしまい宇宙規模の戦闘になって行ったりもしました

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-_20160413175616スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-_20160413175807

終盤に掛けてはリリアとフィリアの2人の実験体を巡る話に焦点は当たるものの
最後はクロノス本隊と揉めたクロノス反乱軍の将軍を倒して終わりという

色々と全体の流れで抜けている部分やもっと掘り下げてもいいかなぁって思う部分が抜けすぎていて
あまり好印象とはいかないようなストーリー構成と展開でした(・ω・`)

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-_20160416214125スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-_20160417002836

折角リリアが今回の鍵を握る主要キャラクターだったのに勢力にタライ回しにされすぎていて
リリア自体あまり喋らない設定なのですがもっとストーリーに密接に色濃く絡めたり掘り下げても良かった感じもしましたし
正直なところフィリアの登場や救出は必要だったのかな?と思う節も見受けられました(・ω・`)

あと全体の流れが支離滅裂・唐突な構成が多すぎる上に「どんでん返し」ばかりなのでこれはちょっとと思うことが多かったです
統括すれば展開がごろごろ変わりすぎてる上にまとまりきれてないような感じがしました


システムや戦闘に関してはSO4のシステムをそのまま引き継いでいるので前作をプレイした人は違和感なくプレイできます♪
あとエフェクトの派手さや7人パーティでの大規模な戦闘は今作では一番楽しく感じました(∩´∀`)∩

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-_20160413173420スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-_20160416213327

ロールの習得方法もかなり手の込んだもので色んなロールの組み合わせで新しく生み出されるロールもあるので
このロール開放だけでもかなり時間を多く費やせる部分=やりこみ要素と考えてもいいと思いました

他にもスターオーシャンシリーズではお馴染みのクリエイションシステムも健在なのですが
かなり簡素化されているシステムなので前作をプレイした人からはかなり物足りなさを感じるかもしれません(・ω・`)
ですがスターオーシャンシリーズを初めてプレイする人にとってはそこまで複雑じゃないですし丁度良いのかなぁ?と思います♪

悪い部分で言えば
フィールド・MAPが少なくほとんど反復がメインになってくるような中身です
敵の配置や種類は変わるもののさすがに同じMAPを行き来したりしてファストトラベル要素もなくひたすら走らされてる感じに
最後の最後で戦闘艦の無線機でどこへでも移動できるようになりますけど
もっと冒険してる感覚やいろんな場所での発見があるようなMAPをたくさん追加したり
ダッシュ速度が微妙な速さなのでその辺もどうにか考慮してほしかったかなぁと言う印象もありました(´・ω・`)

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-_20160412024731スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-_20160417021744

グラフィックやサウンドに関してですが
もう言葉にならないくらい景色は相当作りこんであるので文句の付けようのないくらい綺麗です♪
音楽もスターオーシャンシリーズではお馴染みの特徴的な楽曲がおおかったようにも思えました(´艸`)

スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-_20160417025109スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-_20160417025313


今回はこんな感じになります♪
最後に総評ですヽ(´ー`)ノ

★総評
ストーリー   C-
全体システム  C
グラフィック  A
サウンド    B+
やりこみ要素  B

総合評価   C


今回はCとさせて頂きます♪

ストーリーは手軽に誰でもRPGを進行できるような感じになってはいるのですがちょっと色々と残念でした(;ω;`)
折角キャラクターも個性豊かだし背景もちゃんと作られていたので勿体無い感じがしました
もっとストーリーのボリュームを増やして欲しかったです(´・ω・`)

でも制作が短期間みたいなのでこれだけのナンバリングタイトルを作れたのも凄い評価に値するかと思います
勿論クリア後にも隠しダンジョンやキャラクター全員のエンディング・難易度追加等も用意されていますので
トロフィーコンプリートをしたい人には条件がそれなりに難しい物が多いみたいなので楽しいかと思いますよ♪

ただゲームとしては良作と駄作の間くらいなのかなぁと言う感じもします(・ω・`)


それでは今日はこの辺で(・∀・)ノシ
スポンサーサイト

グランキングダム Lite版 / プレイレビュー

00:00

みなさんこんにちは♪

グランキングダム_20151112133600


今日は11月19日発売となります
タクティカルRPGのグランキングダムのライト版をプレイしたので書きたいと思います♪


グランキングダムは
PSPでかなり前に発売されたグランナイツヒストリーのスタッフが手掛ける最新作です
自由な戦略や部隊編成の組み合わせで物語や冒険を進行していくRPGとなっています(´∀`*)

そのライト版が無料で配信されています♪
俗に言う体験版ですが製品版にもデータを引き継ぐ事が可能で発売日までにやり込む事もできます


システム的にはグランナイツヒストリーとほぼ同じの仕組みで
広大なマス目のMAPをひたすら進行して敵との対立やアイテム回収・目的達成をしてくことにより
達成後には報酬やアイテム等が入手できるようなシステムとなっています♪

今作の醍醐味でもある戦略性の高いバトルですが
パーティ編成が最大4人で構成されていくつかのジョブによって攻撃範囲や行動パターンも変わってきます
また攻撃に関してもジョブによって全く異なる使い分けが必要になってくるので
色々と製品版では考えながら組まないと不利な展開が続いたりもするかもしれません(・ω・`)

グランキングダム_20151112134627グランキングダム_20151112134059
グランキングダム_20151112134159グランキングダム_20151112134309


ライト版では4つのジョブが利用可能で
ファイター・メディック・ハンター・ウィッチのみが利用可能となっています♪
今回のパーティの要とも言えるのが回復担当のメディックが重要視されてるようで解説にも出てきます


戦闘に関してですが各ボタンに割り振られた攻撃方法を駆使して戦うのですが
ファイター等近接攻撃タイプは基本的にはタイミング押しでジャストキャンセルというのが発動
要するにクリティカルとかではないようですが連打ではなくタイミング押しが必要です

遠距離物理のアーチャーは範囲選択式でこちらも敵に合わせて押す感じになります
ウィッチに関しても同様の手法で攻撃できます

また今回全ての行動に対してのゲージがあるので考えながら行動しないと
ゲージが不足して攻撃回数が減少したりする傾向もあるのでよく考えながらやらないといけないです(´・ω・`)

あとフレンドリーファイアも実装されていて
バトルでは3ラインで進めていくのですが
攻撃範囲に味方がいたりすると被ダメージ判定があったりするのでターンを確認しながらの行動も要求されています

全体的に緊張感を持ちつつ色々と考えながらプレイしていかないと難しい感じもしますが
ある程度熟知してくると面白く感じる仕様になってます(´∀`人)

グランキングダム_20151112140346グランキングダム_20151112140433

あと今回もキャラクターメイキング等もあり簡易的なものですが
好きなように能力スキル割り振りなんかもできるので自分好みの傭兵を雇うことも可能です

勿論部隊の配置や装備も細かく設定も可能です
部隊の配置に関しては「侵攻」と「防衛」の2種類のフォーメーション配置ができるので
各ジョブに合った立ち回りができる配置を先に設定しておくのがベストと思われるので先に設定しておくといいかもです♪

装備品などは道具屋での買い付けが可能で戦場でのドロップ品もありますが基本はここで購入・売却する形になりそうです
4人分の装備一式をまとめ買いできるので購入しておくといいかもしれません
ただ購入後の自動装備機能はないのでメニューから選択して装備する従来のRPGのスタンスですね(´∀`)

あと戦場では行動力・士気力・TPがあります
行動力は1マス進んだり、戦闘のターン数に応じて減ったりしますゼロになると目標失敗になったりするので
自由にマスを何度も探索していると減ってしまうので気をつける必要もあります

士気に関してはパーティ全体の活力みたいなもので100%まで増減するみたいですが今の所具体的なものは解ってません
TPに関してはフィールドで使えるタクティカルポイントとなります。各ジョブの特性を使えるものになります。
宝箱感知や能力アップ等戦況に応じて使い分ける必要もありますね(´∀`)

そしてライト版のストーリーは1章のみのプレイが可能となっていますが
ロールプレイができるような工夫もなされているのでどんどんやってみるのもいいかもです♪

グランキングダム_20151112135756グランキングダム_20151112140047


今回グランナイツヒストリーと同様オンライン機能もあり全国のプレイヤーとの勢力戦争も可能です
クエストが2章(チュートリアル章+本編1章)まで終わるとオンラインに接続するとそのまま4つの国勢力との契約することになるので好きな勢力で遊べます

契約はパーティを派遣しての戦闘回数契約になるので最大5回の戦闘までできます
勿論国勢力戦争ではパーティを派遣しての戦闘になるので自分で細かく行動パターンや戦闘指示も出せたりします♪
それぞれの国へ行くと交易所や鍛冶屋なども利用できるので派遣して戻ってくる間国を全員で作る・成長させることも出来ます♪

あとは特にライト版ではすることがなくなってしまうので戦争が始まるまで放置みたいになります(´・ω・`)
製品版ではクエストの続きをしながら第2部隊など作ったりしつつ冒険も出来ると思うので発売まで待つしかなさそうです


私自身最初は結構難しそうなイメージがありましたが
いざプレイしてみると印象が一瞬で変わるような戦略性と幅があるゲームだと思いました(゚ω゚*)
まだ製品版発売まで時間があるのでのんびりプレイしてやろうかなと思います(`・ω・´)


でも11月19日はいっぱいゲームが発売される日でもあるので
グランキングダムに限らず要注目なゲームが多いのでその候補としていれてもいいのでは?と私は思いました(´∀`*)

それでは今日はこの辺で(゚∀゚)ノシ

戦国BASARA4皇 / プレイレビュー・感想

09:30

みなさんこんにちは♪

BASARA4 (5)


今日は現在発売中のソフトでもある
戦国BASARA4皇のレビューと感想を書きたいと思います♪

クリアと言っても一通りのキャラクターを使ってからのレビューとなりますので
その辺ご理解して頂き参考程度にして頂ければ幸いです(´ω`*)

それでは書いていきたいと思います♪

今作は以前PS3で発売されたBASARA4の追加要素と新規要素を加えた完全版の内容です
勿論前作「BASARA4」のセーブデータをアップロードされてる方は引き続きコンバートして使えるようになっています♪
私自身BASARA3宴までしかプレイしていなかったので4は今回が初となります(∩´∀`)∩ワーイ

BASARA4 (6)BASARA4 (13)

まずストーリーモードでもある「戦国創世・極」では
全6ステージを分岐を含めどんどん攻略していく構成で
1回辺り早ければ1時間・遅ければ2時間程度でクリア可能なので快適に周回プレイが可能です
ストーリーパートの分岐となる「ドラマルート」や「アニメルート」も健在で4ではお馴染みですね♪

BASARA4 (14)BASARA4 (16)

また新要素として合戦ルーレットという機能が付いていて
戦況を一気に覆せる「変化」や今回の目玉要素でもあるメダルをゲットできる「天貨」
一番不運を招く「天罰」の3種類の中でランダムで決まるので
何度プレイしても楽しくて飽きずにどんどんできるシステムの一部になっているかと思いました♪
またルーレットで獲得したメダルも交換で衣装・武器・固有技を入手できたりもできます(´ω`*)

特に一番戦況を覆せる暁丸と直江兼続は変化で変わるのですが
とにかく強い!と言う印象ですよね♪
直江兼続はどんな敵も一撃ですし、暁丸はR1でレーザー照射すればボスでも体力を一気に減らせたりと
難易度が高くなるに連れルーレットマップはかなり欠かせないものだと思いました(´ω`人)

BASARA4 (4)BASARA4 (18)
BASARA4 (2)BASARA4 (3)

ステージでは固定でのキャラクター固有のイベントもあるので
プレイ全体の爽快感+豪華声優陣による演出やハチャメチャ感は今までの作品以上に凄いと思いました♪
相変わらず小早川秀秋のステージは可愛らしいお茶目なイベントばかりですね(´∀`*)w
特にお鍋の味付けのイベントはなんかほっこりする感じでした♪


戦闘システムに関しては今回PS4版を購入してプレイさせて頂いていますが
従来のBASARA通りのシステムなのでどんどん連打してコンボを繋げてなぎ倒していく形になります
特にデメリットとなるものもないので誰でも気楽に遊べるゲーム性はずっと同じですね♪

BASARA4 (9)BASARA4 (7)

私みたいに4からプレイする人もいるかと思いますので
簡単に書きますと前作から比較すると
コンボがとにかくつながりやすくなっている印象でヒット数もかなり稼げます
またBASARAゲージの他にも「粋」ゲージも存在して使うとスロー+強化状態になります♪
今回からバディ(相棒)システムもあるので2キャラで合体BASARA技も出せたりもするので爽快感は凄いです!
バディは色んなキャラクターやお気に入りのキャラクターと戦場に常にいることもできます♪
ドラマパートとアニメパートだけ固定バディになりますので注意してくださいね(´ω`)

また今回キャラクターが40人全キャラクターが最初からプレイアブルとして使えますし
キャラクター毎のクセも間合いも勿論違いますので
自分のプレイスタイルに合ったキャラクターを探しだすのも楽しいかもしれません(*´ω`*)

BASARA4 (10)BASARA4 (12)

私はスピードタイプが好きなので島左近とか石田三成辺りが使い易い感じがしました♪
ヒット数とかを稼ぐのならば真田幸村が今の所武器にもよりますけど出しやすい感じもしました
他にも沢山いるのですがまだ使い切れてないので全部のキャラクターを触ってみようと思います♪


グラフィックとBGMに関してはPS4になってからかなり綺麗になってますし
ヌルヌルと動作する60フレームに対応してたりもするのでとても快適にプレイできてます♪
とにかくド派手にBASARAを楽しみたいという人は是非PS4版をオススメしますね(`・ω・´)
BGMも場面場面で切り替わる音楽が多いですしプレイしていて聞き飽きない曲が多く入ってる印象です
BASARA4からプレイされてる人は特にOPとEDだけ変わってるだけなので変化がないかもしれませんね(´ε`;)


全体のデメリット要素としては特に私個人としては見当たらないのですが
強いて言えば戦国創世モードをクリアするたびにタイトル画面に戻るのはどうかなぁ?と(´Д`;)
せめてメニュー画面に戻る感じでも良かったと思いますし何度もスタートボタンを押さなければいけないので
その小さな事ですが「手間」を考えたらそれはいらなかった感じもしました(・ω・`)

それでは総評です♪

★総評
ストーリー   B+
全体システム  B
グラフィック  A
サウンド    B
やりこみ要素  A+

総合評価   B+



今回はB+を付けさせて頂きました♪

BASARAシリーズ10周年作品というのも含め購入させてもらいましたが
本作に関しては本当にやりこみ要素がずば抜けて多いというのが一番の魅力かもしれません♪

武器強化・合成・解体をしながら武器の基本能力やスキルを厳選して再び戦場へ行くロールプレイも
そこまで飽きずにプレイできますし、キャラクターのプレイスタイルがちゃんと個々に確立されているので
マンネリ化はそんなに感じられるほどではないという印象が一番大きかったです(人´ω`*)

他にもトロフィーも結構条件が高いものが多いので
コンプリート好きな方にもおすすめができる無双系アクションゲームだと思いましたよ(´∀`*)

BASARA3の発売当初の衝撃も相当すごかったですが
今作の4は3よりもハチャメチャでお熱い展開やイベントが多いので
ハマる人は絶対に面白いって言えるほどハマれる作品になっていると思いました♪

私自身まだまだやり始めたばかりですし
最高難易度の天と言うのが物凄く鬼畜だと拝見したので
そこまでクリアできるように頑張ってプレイできたらなと思います♪

それでは今日はこのへんで(´ω`)ノシ

ドラゴンズドグマオンライン アルファテスト / ハンズレビュー

00:00

みなさんこんにちは♪

(20150428-112425).jpeg


今日はドラゴンズドグマオンライン(DDON)アルファテストに参加しました♪
その感想のまとめを書いていこうと思います(*´∀`*)


前書きになりますが今回のアルファテストでは
スクリーンショットや動画の方はテスト段階ということで禁止事項に指定されています
なので文面のみの記述となりますのでご了承お願いします(*´ω`*)



まず今回のアルファテストでは以下の制限でのテストが行われてました(*´∀`*)

・全クラスはLv10まで育成可能(ポーンも同様)
・ストーリーはポーンとの契約・作成まで進行可能
・サブクエストとワールドクエストは最大LV14までのクエストが受注可能
・行けるフィールドは海岸、森林、平原の3種類


それでは感想も含めてアルファテストのレビューを書いていきたいと思います♪

私自身21日位に追加当選枠で当選したのですが
なかなか仕事上ログインできずに24日から早速ログインしておりました♪
また同日24日にも抽選が行われてたみたいで追加当選枠は大多数の人が当選したみたいな情報を
フレさんから教えて頂いたので多分かなりの人数でのテストを土日を含めて検討されてた感じでしたね(´ω`)

早速やった感じでは
前作のドラゴンズドグマのシリーズとほとんど操作感覚は変わらずプレイができます♪
ダークアリズンや初期作をプレイされた方なら馴染みがある操作なのですんなり入れると思います(*´∀`*)


■キャラクター

今回からかなり詳細なキャラクタークリエイトができるようになってました♪
顔のバリエーションや髪型も前作よりも多く顔付きとかもパターン式ではなくレバー式で調整できるので
今時のMMORPGと同様な細かなキャラクター作成ができるようになってます(*´∀`*)

またドグマの醍醐味でもある「所持重量」のシステムもあるので
脂肪量・筋肉量に応じて持てるアイテム量やスタミナ量も若干変わってくる様子でした
正確な事ではないですがポーンを作る際に少し調整したりしたら変化があったので恐らくですが
少しなり変化がある様子でした(´∀`)

前回は身長によって得手不得手があったみたいですが
今回はあまり身長が大きくても、小さくてもそれほど差異がなさそうな印象です
強いて言えば飛行タイプの敵に届きやすいといったところかと♪



■ジョブ

ファイター・ハンター・プリースト・シールドの4つのクラスのみとなっています♪
全部少しだけ触ってみたので書きますね(*´ω`*)

★ファイター
従来と同様でアタッカーとして区分されてます
剣と盾で攻撃しながら進む前衛近接攻撃タイプになるのでどんどん攻めたい人向けの職業です♪
操作性やスキルも前作とあまり変わってないのでプレイされた方は馴染みやすいかも?

ただ今回から実装された「斬り倒し」がチャージ式で威力が変わる上に間合いが大きいので
ダウンした敵に素早く使わないとダウン解除されてしまう傾向がみられました(´・ω・`)

また前衛職なので装備もしっかりしてないとダメージも貰いやすかったり
ガードも行いつつ攻撃を仕掛けるスタイルが確立されていたので敵の攻撃の読みも必要でした
闇雲に攻撃するだけではダメージがもらいやすいので戦術面も気を配らないとと言った感じですね

レベル10まで行くと連撃から強連撃というパッシブを覚えることができるので
覚えると攻撃力が格段に上がり装備によっては現状3桁のダメージが出やすくなってました♪
一気に育成してガンガン攻めて行きたいプレイヤーの方はオススメでもありますね(*´∀`*)


★ハンター
弓と蹴りを主軸に戦ってくアタッカーとして区分されてます
操作性は前作とは全く異なりTPSみたいな操作性になってます(構えて射るスタイル)
ただL1で通常弓・R1で爆裂弓、L2とR2で射るみたいなスタイルなので若干慣れが必要になってます

敵との距離感と最適な距離が(ロックオンサイトに黄色のライン表示)設定されてるので
ある程度間合いを取りながら攻撃しないとダメージ補正が入ったりもするのでよく狙わないといけなかったです

あと矢の装填もギアーズオブウォーと同じタイミングゲージで即座に装填されるのを採用していました
戦略面では複数よりも単体との戦闘に向いてるので複数を相手にするとちょっと厳しいかも?
ちょっと上級者向けのジョブかもと言った印象でしたが違うプレイスタイルなので楽しかったですよ♪


★プリースト
補助・回復のヒーラーに区分されてます
魔法は全部詠唱チャージ式なのは従来と同様ですが支援系の魔法のみアルファでは覚えました
攻撃方法としては聖属性の通常魔法と多段ヒットでダウン効果のあるセラフィムフラップがあるのでそれが主軸になりますが
遠距離からではハンターよりも操作が簡単でダウン効果も追加されている上に複数まとめて攻撃も可能でした
装備さえ整うと他の職業よりも遠距離からだと強い職業といったところでしょうか(´∀`)

支援魔法に関しては攻撃・防御の支援魔法を展開できるので覚えておくのも◎
スキルレベルが高ければ尚の事支援面では非常に優れるのでひと通りスキルを覚えた後に成長させるといいかも♪

特にガードビットは数回攻撃を無効にするので出来る限りパーティプレイでは使うことが◎でした
立ち回りは
凄くやりやすいので回復と支援のタイミングさえ逃さなければソロやパーティでも一番使いやすいかもしれませんね(´∀`)


★シールドセージ
今回から実装されたいわゆるタンクとして区分される盾役ジョブです
操作性はファイターとあまり変わらないですが一番防御力も高く攻撃方法もかなり独特です
敵をまとめて空中に打ち上げるアビリティから突進系までありますので
ファイターよりも守りと攻めを一体に徹したスタイルが多いですね(´ω`)

それに盾に魔法効果を付与できるエンチャントもできるので属性防御や支援も可能です
プリーストとは別のゲージで「敵の攻撃で蓄積」して武器や周囲の味方にエンチャント効果を発動できるので
弱点属性の魔法効果を全員に掛けつつゲージを貯めてフォースバーストのスキルで大ダメージ
という感じのプレイスタイルになりそうですね(´∀`)
どちらかと言えばグランドクエストやワールドクエスト等での大規模なパーティで活躍しそうです!

ただソロプレイになるとちょっと難しい立ち位置になっているので中級者向けの印象もありました
また装備品の重量が重いものが多いので所持物の重量を確認しながら装備するといいかもですね


使い勝手の良さから言えば
シールドセージは安定した攻撃力と装備性能が高い武具が多いので万人向け
ファイターはシールドセージより少し弱くした感じなのでどちらかと言えば中級者寄りな印象
ハンターはTPS等シューティングゲームが好きな人ならばかなり向いている職業かなと思います
プリーストは追尾性能が優れている魔法を唱えながら回復・補助をメインにしたい人向けかなと思いました

あとアビリティに関しては全職業共通で装備が可能ですが最大コストが15までという感じ
なので他の職業から共通して使えるパッシブアビリティを厳選して装備するのが
今後サービスを開始したときは必要になるのかもしれませんね♪

そしてジョブは現状アルファテストでは4種類のみの実装となっていましたので
最近公開された「シーカー」やその他の上級職・混合職に関しては
次のテストで随時発表になったり実装されたりするかもしれませんね(*´ω`*)
多分シーカーは次のCBTで登場しそうな予感もします♪



■バトル・フィールド・グラフィック

まずバトル要素ですが全体的にアルファテストは敵が強めに設定されてる印象でした
ダメージも大きく集団で挑まれるとすぐ倒れてしまう傾向にありますね
なのでレベルも今回10に制限されてるのでそれ以上の敵と戦うとなるとプレイヤースキルが問われる感じ
現時点でCBTで緩和調整が入るみたいなのでそちらも楽しみです(*´∀`*)

フィールドに関してはかなり広めに作られてます
前作と同様いくつかのフィールドに区分されてますしエリア別で敵の出現も違います
勿論昼夜でも出現が変更されているので前作をプレイされた方は「おっ?!」と思う部分もあるかと♪

ダンジョンも無数に配置されてますが「エリアマスター」と言う人がいて
現在は実装されてませんがそちらの方で条件を満たすと解放されるダンジョンもあるようです(´∀`)

採取ポイントや宝箱に関しては少なくなってる印象でした
前作では樽やオブジェクトを破壊するとアイテムが落ちたりしましたが現状未実装みたいで
敵から入手できる「金貨袋」も人間やポーン型の敵しか落とさなくなってました(・ω・`)
なので金策となるとサブクエスト・ワールドクエストをどんどんやってかないと稼げない感じです

一応金策に関してはアルファテストでは
プリサ海岸の難破船跡・ドラゴンの死体・漂流した人間の死体(X-93,Y-293周辺)がありまして
ランダム出現になっているのでロードを繰り返すと大金が入った宝箱や金貨袋が出現する傾向が高かったです♪
宝箱や袋からは1000G以上の大金が多く
難破船に関しては鍵なし宝箱が最大で3箇所出現するみたいだったので
ここを拠点に繰り返しチェックしながらお金稼ぎできるみたいな感じがしました(´∀`)

因みに宝箱やその他のオブジェクトはほぼレスタニア時間で1日経過すれば
大体復活する傾向が強いので色々と素材回収の面でも大分楽にはなっていました(´∀`*)
ただ素材は入手できるもののクラフト機能はまだ実装されていなかったのでCBTに期待したいと思います♪

グラフィックに関してはPS3版と前作と比べると同じくらいかな?という印象
CBTからPS4とPC版も動き出すのでそちらでどれくらい変わるのか楽しみですね(*´∀`*)



■クエスト

クエストは全部で4種類実装されていました
ソロクエスト・ワールドクエスト・ストーリークエスト・レイドクエストですね♪

★ソロクエスト
主に一人でも進行できるサブクエストですね
アルファテストではジョブのチュートリアルクエスト~採取・討伐クエストがメインでした
採取クエストは納品ボックスがあるのでいちいち依頼人の元へ戻って渡すと言う行動が省かれてるので
かなり快適に採取や納品クエストは進められるかと思います


★ワールドクエスト
ワールドクエストは各フィールドで突発的・定期的に出現するクエストです
今回のアルファテストの段階ではボスモンスターが多い上に
高レベル帯が多いクエストばかりなのでクリアが難しいものが多いのでパーティ推奨みたいな印象
報酬金も報酬アイテムもかなりいいものが手に入るのでやっておいて損はないと思いますが
CBTからどういう仕様になるかはわかりませんがもうすこし手軽にできるものも準備しておいてほしいかなと?
ただすぐに反復ができるクエストが多いのでレベル上げなんかも容易に出来る感じもしました♪

ですがワールドクエストは自動受注になってしまうので
破棄しても同じ場所へ行くとまた勝手に受注してしまうものもあるみたいで
一定の条件か任意で受注するようにしてもらえたら課金せずプレイした場合最大で10個しか受けれないですし
その辺は修正してもらえたらなぁと思いました(´・ω・`)


★ストーリー(メイン)クエスト
ドラゴンズドグマオンラインの本編のストーリーでもあるシナリオを進行していきます
報酬も凄く多めに設定されてる印象なのでサービス開始したら先に進めておくのがいいかも?

今回のアルファテストでは
リアルタイムで半日~1日周期でソロクエストは達成したものは復活・再受注できました

全体的にソロクエストが多かったので前作と同様一人プレイを主軸に作ってる感じな印象もありつつ
勿論パーティを組んでワールドクエストやフィールドを駆け回ることも可能ですので
アルファテストではどちらも差異なく作られる感じでしたよ(´∀`)



■グランドミッション(大規模クエスト)

こちらは今回アルファテストのエンドコンテンツでもあり一番のメインになっていたクエスト
最大8人でゴブリンやオークが大量にいる砦の攻略がメインになりました

新規募集をするときにジョブ指定等ありますが特に指定しなくても
全員ファイターやハンターのアタッカーだけでも攻略が可能なのでそれほど敷居の高いものではなかったです
ただ30分以内で1800ポイント貯めなければ追加報酬やレアリティの高い武器やアイテムは入手できないみたいで
敵の全撃破がほとんどメインになってきますが
ヴァネッサの防衛も必要になってくるので分担作業も必要になっているスタイルになってました

進行ルートに関してはそのヴァネッサを追いかけていれば難なく進行できるので
初めてプレイされる人でもすんなり入り込めるような工夫がなされてました(´∀`)
レベル指定もできるので初期設定でLV7から募集できるみたいなのでそれ以下の人でも装備がしっかりしてれば
死なずにいけますが最後の広場にいるサイクロプスがかなり強敵で怒り状態にはいると
LV10でも一撃で死ぬことも多くあるので注意しながら攻撃する事が必要でした

グランドミッション自体色んなプレイヤーさんと共闘ができる部分ではとてもおもしろかったです♪
特にラグがあったりする訳ではなかったので割りと快適にプレイもできました(∩´∀`)∩

パーティメンバーの編成には
武器にエンチャントができるシールドセージと回復のプリーストが1人ずついれば尚快適な印象があったので
そこだけ固定でもいいかもしれませんね(´∀`)

ただやっぱり準備完了部分の操作のやりにくさはどうにかしてほしいなぁと言う印象でした(・ω・`)
自動マッチングで全員揃ったらすぐ自動で開始でいいと思う節も多々ありましたね



■ポーン

今回もポーンを連れて冒険が可能です
アルファテストではメインポーンのみで他のプレイヤーさんのポーンは雇えませんでした(・ω・`)
だた前作とは違い「性格」システムは廃止されて「指示」できるようになっているので
今まで以上に臨機応変にポーンがちゃんと動いてくれるようになってます♪

ただアルファテストではポーンにアイテムを持たせたりはできないみたいで装備のみの変更だけできました
なのでランタンを持たせても明かりを付けてくれる様子もなかったので
現状未実装な部分が多く見られましたが前作よりも行動力が上がってるのでいいのですが
若干まだ賢くはないかな?と言う印象でもありました(´ε`;)w

一応指示で「追従」に設定しておけばそれなりに動いてくれますが
他の指示だと立ち止まったりしたり攻撃しなかったりするので自分の傍で行動させるのが今の所一番かな?と
今後修正や改善も入ると思うので要望なんかで送っておくといいかもしれませんね♪



■課金要素

今回アルファテストではテストコースとして
無料配布でオプションコース4つと強化復活できる「黄金石」の配布がありました

テストコースは正式サービス後課金要素になるものですがアルファテストで実装された4つは以下です

「テストコースA」:復活力無制限回復 / 拠点用倉庫利用可能 / リム転送割引
「テストコースB」;採取アイテムの入手量増加 / 希少アイテム出現率増加 / リム獲得量増加
「テストコースC」:覚者・ポーンの経験値増加 / ジョブポイントボーナス
「テストコースD」:体力・スタミナの最大値や能力ボーナス / 宿泊料が無料


こんなかんじでどのコースも全部併用できるという所ですね♪
なので必要なコースのみ課金して冒険するというスタイルになりそうなので
そこまで無課金でも現状ではあまりコースに加入しても影響しない様子ですがコースによっては大きいですね
恐らく「全コースセット」のプランも今の所は出そうな気もしますが単体でも販売してもらいたい所♪

ですが黄金石消費を消費してコースを登録する形なので黄金石がいくらなのかが気になる所(・ω・`)
そんなにお高いものではないと思うのでユーザーにやさしい値段でお願いしたいですね



■その他

イベントに関してはフルボイスかと思いましたがまだボイスがない部分もありました
恐らくですがまだ録音しきれてないものかと思いますので
全てフルボイスになることを期待しつつ待ちたいと思います(*´∀`*)

操作周りに関しては倉庫機能があまり充実していない部分があるので
スタートボタンで手持ちと倉庫切り替えとかだったりするので馴染みがない操作感があります
あと整理機能もないので分別もしにくかったりもしました(´Д`;)
多分今後いい方向に変わってくと思うので楽しみに待ちたいと思います♪

あとフィールドに出るとパーティを組んだプレイヤー以外表示されません
かなり広大なフィールドなのでちょっとさみしい感じもしました(・ω・`)
私個人としてはせめて街とかでは他のプレイヤーさんが見えるようにしてくれてもいいかも?
思う部分もありましたね(´・ω・`)

あと「パーティ募集ボード」や「ギルドシステム」なんかも欲しい人も多くいらっしゃると思うので
常にチャットで呼びかけてワールドクエストをするよりも募集ボードに書き込んで任意的に4人マッチングの方が
他の人もクリアしたい募集・参加したいクエストも選んで参加して交流や攻略できると思うので
そっちのほうが機能的でいいと思いますよね(´∀`)
そういう皆がより快適にコミュニケーションが取れる機能も今後実装してほしいです♪


色々と改善点も見られる部分も多くありますが
アクションRPGとしてはとても完成度の高いものだと思いましたし
MORPGとしては皆が気になってる「課金要素」がどういう形で出てくるのかも怖い部分ですが
基本無料なので課金しなくてもPSO2みたいに「100%遊べる!」と言う部分を考慮して
是非ドラゴンズドグマオンラインもサービス開始してもらいたいですね(*´∀`*)

アルファテスト自体はとても楽しくプレイさせてもらいました!
今回出来なかった方でドグマが好きって方は是非プレイしてもらいたい作品だと思います♪


次のCBTは今年夏なので時期的にも6月~8月だと思うのでもうすぐ開始されるはずですよ♪
アルファテスト当選した人とかは継続して参加できるのかなぁ?と思ってしまいますけど
PS4とPCがあるので多分再抽選になるとは思いますがまた応募してできたらいいなぁと思います(´∀`)


それでは今日はこの辺で(´∀`)ノシ

ソードアートオンライン-ロストソング- / クリア後レビュー・感想

17:35

みなさんこんにちは♪

SAOLS (6)

今日はソードアートオンライン-ロストソング-をクリアしたのでレビューと感想を書きたいと思います(*´▽`*)
ネタバレも書いているのでプレイ前の方は注意してお読みくださいませ


プレイ時間は大体50時間でクリアしました♪

まずストーリーですが私自身アニメと原作である小説のみ見ていますが
PSvitaで発売された「ホロウフラグメント」のストーリーの延長線にあるようなので
完全新規の続編ストーリーという部分に位置する作品です(*´∀`*)

もちろんプレイされてない人もいらっしゃると思いますが
ホロウフラグメントでも登場してきたキャラクターも出演している関係でちょっと一部わかりにくいのもありますが
冒頭のあらすじで語られる部分があるので迷わずに進行できる内容でもあります(´∀`*)

世界観としてはユウキも生きている間のお話ですし前作でも登場したフィリアやストレア、シノンもいます
アニメにも登場してきた「ALO」の新規実装されたスヴァルトエリアを舞台に駆け回って行く話でもありますので
どちらかと言えばアニメや原作とは別軸に値する構成にもなっていました♪

SAOLS (12)SAOLS (1)

今回の重要な役割を果たすキャラクターでもあるセブンとレイン・スメラギの3人は前半部はほとんど出てきませんが
後半部になるとキリト達との対立やセブンが何故ALOに介入しているのかなど真相が明らかになってきます

全体的にアニメや小説等と同様にリアルとゲームの間を交錯しながら進行していく感じなのは一緒なのですけど
今回はほとんどゲーム世界が舞台なのでキャラクターの会話やイベントもゲーム内での会話が多く盛り込まれていますし
なによりもフルボイスなのでちゃんとのめり込める部分が多くありました(*´ω`*)

SAOLS (8)SAOLS (9)
SAOLS (13)SAOLS (14)

エンディングまでは道のりも長い印象でしたしやり込みながらできました♪
結局スメラギとセブンはクラウドブレインを作りたくクラスタやシャムロックを結成していたみたいで
クラウドブレインの合法的で強引な実験をしたセブン最終的に自己陶酔をしてしまっていたのでしょうね(´・ω・`)
でも最後に実の姉でもあるレインと解り合えたですし最初から最後までシリアスと言うよりもSAOらしいストーリー展開でした♪
全体を通して一本のアニメを見てるかのような感じになりましたしあと残りなく終わりました♪


次に戦闘やシステム面ですが
戦闘に関してはだれでも簡単に楽しめる操作感覚でほとんど連打で倒せるという感じです♪
回避や魔法もほとんどワンタッチで手軽に遊べるアクションRPGと言ったところでしょうか( ´∀`)

また今回の醍醐味でもある羽を使って空中を滑空できたりするシステムもちょっと最初はとっつきにくい部分もありますが
慣れてくればすんなりできるような操作となってますがコンフィグでは視点の反転のみの切り替えしかできないですし
十字キーで浮遊や滑空の切り替えを行うのでそちらも慣れが必要かも?と思いましたヽ(´Д`;)ノ

SAOLS (10)SAOLS (11)

バトル全体に関してはキャラクター毎に覚えるスキルも能力も異なっていますし
使えるキャラクターが多いのでお気に入りのキャラクター編成で進行するのもいいと思いますし
回復・攻撃魔法・物理攻撃に長けてるキャラクターのバランス型や肉弾戦重視なキャラクターでも組んでもいいと思います

ただ物凄く優遇されてるのはキリトとアスナの2名が物凄く強くなる上に
バトルスキルも万能なのも覚えたりしますし、アスナに関しては回復・蘇生魔法をほとんど取得できるので
やっぱり主人公とヒロインは強力なキャラクターだという印象もありました( ´∀`)

バトル面は既存のゲームで言えば「無双」シリーズに近いシステムをしているので
特に回復がなくても能力と武器の性能さえ高ければどうにかなる部分もあったりしますので
どんどん攻撃して進んでいくこともできます
ただRPGなので戦略性や敵対するレベル関係・属性・武器の相性等もありますので考慮しつつという感じです(*´艸`*)

また今回敵の復活がかなり早いので熟練度(レベル)上げなども比較的簡単・手軽にできるようになっていますね♪
全体的にまったりしているので何度も敵を倒せるような工夫がなされていると言ったところです( ´∀`)

ただやはり敵のレベルと熟練度にも応じてダメージが通らなかったりする場合もあったりと
簡単な操作な反面緻密に作られてる戦闘の駆け引きの部分では凄い作りこまれてる印象も受けました♪
特にボス戦ではそれを一番に感じましたよ(*´∀`*)


やりこみ要素に関してですが
ハクスラみたいなゲームシステムなので素材を集めて武具強化しつつ
敵からドロップする武器を鑑定してランクの高いレア武器を入手したりするというのがひとつのやりこみ要素となっています♪

SAOLS (3)SAOLS (7)

素材に関しては武器強化の素材のみですが希少価値の高いアイテムもフィールドや敵からドロップしたりするので
バトルスキルで「レアドロップ率向上」等覚えるキャラクターがいるので
パーティ編成に入れておくといい武器やアイテムも落とす確率があがります(*´∀`人)

武器に関しては鑑定すると武器のレア度ランクなどの他にも
完全ランダムな能力値と付与効果があるのでレア武器が欲しい場合には何度も敵を倒す必要があったりします(゚A゚;)
付与効果はDからSまでランク別に区分されていて2つや3つ付与効果が付く武器もあったりと
ランダム性が物凄く高いのでやりこみ部分ではこの鑑定がメインになりそうです(*´ω`*)

また魔法に関してはレベル4まで覚えることが可能ですが種族にとっては得手不得手があるので覚えられない場合も
ただレベル3と4に関しては熟練度を上げていくと高威力な上に連続・多段ヒットするので
耐性属性であっても1回の詠唱で複数の敵を倒すことも可能だったりもします♪
もちろんランクが高い武器で強化すればそっちの方も強いのですが
魔法職特化であれば魔法熟練度を上げたほうがいいとも思いました(´ω`)

SAOLS (4)SAOLS (5)

そしてオリジナルキャラクターもストーリーを進めるとすぐに作成が可能になります♪
最大3人まで作成可能でもちろんオリジナルキャラクター3人だけで冒険やストーリー進行も可能です
ただ種族は男女固定で髪型や服装のバリエーションも2,3パターンしかなく
キャラクタークリエイトが好きな方はちょっと残念かも(´・ω・`)
ですがスキルや魔法・技を取得できる数がとてもバランスがいいので万能キャラにも育成できるメリットもあるかと思います


その他には今回から実装されたオンライン要素もあります♪
こちらは最大4人で協力プレイが楽しめますヽ(=´▽`=)ノ
基本構造はマルチ専用クエストを受注してクリアしていくMORPGなシステムになっていまして
通常では出ないレアアイテムや武器もあるようなので環境がある方は是非プレイをしてみるといいかもしれませんね(*´艸`*)
もちろんオンラインに繋げなくてもエクストラクエスト・サブクエストが豊富に準備されているので
ストーリーをやる傍らやるといいかもです♪
先ほど話をしたオリジナルキャラクターがオンラインはメインになるので鍛えてからいくのもありかもしれませんね(´∀`*)

他にもクリア後からは各キャラクターの育成やサブイベントで入手できるトロフィー等も準備されていますし
サブクエストが更に追加されてくるのでどんどんプレイできますし長く遊べる内容にはなっていますよ(*´艸`*)


グラフィックやサウンドに関しては
PSvitaとPS3で発売されていますがグラフィックに差異がないように作られているので特別PS3版が高画質ということはないです
なのでそこまで綺麗な画質ではないといえばなく、普通の違和感のない画質といったところでした♪

サウンドに関してはSAOらしいBGMやSEが多く盛り込まれているので
前作2作品をプレイされている人も十分納得のいくサウンドではないかと思いました( ´∀`)

SAOLS (16)

今回はこんな感じです♪
最後に総評ですヽ(´ー`)ノ

★総評
ストーリー   B
全体システム  B-
グラフィック  B
サウンド    B
やりこみ要素  B

総合評価   B



今回はBを付けさせてもらいました

全体を通してですが敷居低い手軽に遊べるアクションRPGが今作だと思いました♪
特に欠点もなく、良い部分もなく平均的な構成ですが
ソードアートオンラインが好きな方ならかなりの高評価になるのではないでしょうか?( ´∀`)

ただやっぱり操作周りのコンフィグの詳細設定を追加して欲しかったですし
PS3版でプレイさせてもらいましたがロード音が長時間プレイしていると騒音になるので
HDDインストールにも対応してほしかったです(´・ω・`)
ロードの長さはそこまで遅くはないので気にはならなかったですけどもう少し考慮して欲しかったという印象でした♪

あとはクリア後の要素をもっと増やして欲しかったかなぁという印象も
隠しダンジョンとかを追加してほしかったと思いますし
ゲーム難易度をハード以上のをもう一段階追加したりしてくれればと思いました(´・ω・`)
心残りは多いですが今後対人戦や追加アップデートもまだまだくるみたいなのでそちらに期待をしたいと思います(`・ω・´)

まだ私自身オンラインではプレイしていないので様子を見ながらプレイしていけたらなと思いますし
サブクエストもまだまだ大量にあるのでのんびりコンプリートしたいと思います(∩´∀`)∩


それでは今日はこの辺で('ω')ノシ



ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―
(2015/03/26)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

ドラゴンクエストヒーローズ / クリア後レビュー・感想

01:46

みなさんこんにちは

DQH (1)


今日はドラゴンクエストヒーローズをクリアしたのでレビューと感想を書きたいと思います(*´▽`*)
ネタバレも書いているのでプレイ前の方は注意してお読みくださいませ


プレイ時間はやりこんでいまして大体80時間程度でクリアしました
ドラゴンクエストシリーズはSFC版の6位からやらさせてもらってますが今までの作品の覆すような作品かなとも(*´∀`)

まずストーリーに関してですが
光と闇の共存を大きなテーマにして世界を光の一族でもあるアクト・メーアが救うと言うお話です♪
非常に解りやすいシナリオ構成で内容の濃い演出なども多くあり誰でも楽しめるような作りになっていました(´∀`*)

正直最初はドラゴンクエスト+無双だったのでストーリーよりもバトル要素に長けてる印象でしたが
そんなとこはなく各種シリーズからやってくる代表的なキャラクターもちゃんとストーリーに絡んでいますし
なによりも暗い展開よりも明るめ・ポジティブな展開が多く続く話ですね♪

DQH (5)DQH (6)

ラストになってくると世界樹の救済やヘルムードを倒した後にも闇竜が復活したりといろんなどんでん返しなものもあったりして
「あれ?終わっちゃうの?」って所でちゃんと期待を裏切らずに進んでくシナリオは何か惹きつけられる部分がありました♪

DQH (7)DQH (8)
DQH (9)DQH (10)

エンディングに関しては最終的に闇竜を倒して世界を救って終わりと言う本当にドラクエらしい終わり方でした♪
最後の最後までとってもストーリー構成もメリハリもあったので良かったと思いますヽ(´▽`)/
本当に王道なファンタジーに溢れるシナリオなんですけどやっぱりそこはさすがと言わんばかりの内容でしたね♪


続いてバトル要素やシステム関係ですが
まずバトル要素に関しては無双よりかは爽快感は劣りますが必殺技の演出や操作周りはほぼ完璧と言わんばかりの出来です!

□と△を連打したり組み合わせたりして簡単に操作できる「かんたん操作」と
ボタン回数に応じて組み合わせがもっと緻密にできる「がっつり操作」の2種類も準備されていて
初めてゲームをされる方からアクションゲームを極めてる人まで幅広く楽しめるシステムとバトル展開になってます♪

DQH (3)DQH (4)

パーティに関してはどのキャラクターもステータスやスキルも違いますしバトルスタイルも全く異なる事から
従来の無双シリーズと同様なバランスになっている感じがしました♪
もちろん4人編成でいつでもその場で切り替えてその都度マップやボスに合わせてキャラクターを選んだりもできるので
戦略性にも長けている部分も見られています(^ω^)

勿論プレイヤーによって使いやすい・使いにくいというキャラクターも出てくると思うので
そこまで敵の弱点や耐性などはぱっと見プレイしている感じだと無視しても大丈夫だったりもしますので
自分に見合ったキャラクターを使う・パーティ編成をするのもいいかと思いますヽ(´▽`)/

私的にはアリーナが一番使いやすかったかな?と(´∀`)
連撃性や範囲攻撃にも優れていますしメタルキングを倒すときにも手数で攻めたりできるので重宝する攻撃キャラかなと
あとは回復ができるゼシカや補助スキルがあって唯一防御力が上げれるクリフトなんかも良かったですね(*≧∀≦*)

勿論ですがどのキャラクターもメリット・デメリットの部分がちゃんと解るようになっていますし癖等もそこまでないので
歴代のキャラクターで好きなキャラクターでも入れて遊んでみるのもいいと思いますよ(´∀`)
特にマーニャの必殺技は正直驚きました!まさかのドラゴラムを詠唱するとは思ってませんでしたヽ(´Д`;)ノw

DQH (12)DQH (13)

レベル上げや金策(お金稼ぎ)に関してもLv40を越えてくるとどんどんハードルが上がってくるので根気よくやる必要もあります
しかしながら現在限りだとは思いますが土・日曜限定でゴールドや経験値アップキャンペーン等も行われてたりするので
もしお金稼ぎだったりレベルを少しでも上げたいという人は土日にプレイするのがいいかもしれませんね(*´∀`*)

ちょっとここは見直して欲しいなぁという部分に関しては
1回1回強制的にバトシアに戻されるのはどうかなぁと思う節もありましたね(´・ω・`)
確かに戦闘準備やキャラクター編成等もありますけど立て続けにそのままストーリーを楽しみたい人がもしいるとしたら
ちょっとばかし苦痛な部分もあるかもしれないですね

なので無双シリーズでもよく見られた
「休憩・作戦会議エリア」みたいな場所を設けてくれたりすれば尚の事よかったかもしれません
そこで任意に戻ったりしたりその中継地点みたいなキャンプエリアで他のキャラクターとのイベント会話とか下準備をして
断続的にではなく継続的にストーリーを楽しんで編成したりしつつ進んでく要素でもよかったかも?と思いました
ヒーローズ自体ロードが多いのでそういった面も考慮されてたらよかったかなぁ?とも(;´д`)

あとはやっぱり「倉庫」のシステムは欲しかったかもしれませんね
ほとんど手持ちばかりで拡張するにもサブクエストを進行しないとすぐいっぱいになることが多かったりするので
こういったときに倉庫があればと思ったりもしました(´・ω・`)

他にはいらない武具や素材をまとめて全部売れたりするシステムもちょっとばかし欲しかったですし
サブクエスト受注に関してももっと8個ではなく枠を増やして欲しかったかもしれないですね(´・ω・`)
心残りや要望は多く見られましたけどそれでもゲーム全体から見て非常に面白いと感じられましたヽ(´▽`)/

DQH (14)DQH (15)

やり込み要素やサウンド・グラフィックに関してですが
先ほどお話した通りサブクエストやちいさなメダル回収・レア素材を集めて合成窯でアクセサリーを強くしたり作ったり
何時間あってもやることが尽きないような膨大なやり込み要素も準備されています(´∀`)

なので1回クリアしただけではまだまだやりきれてない部分も多く残ってると思います
し2週目からクエストや強化ボスが追加されたりとやることは非常に多くなってくると思います(´∀`)
勿論DLCではなく無料でのアップデート配信でも歴代の魔王関係のボスが登場してくるので今後の展開も楽しみになってきますね

サウンドもいままで使われてきた有名な楽曲のアレンジ版が流れたりとドラクエシリーズが好きな方は必見なものもあります
グラフィックに関してはPS3版でプレイさせてもらいましたが
ちょっとカク付く程度でそこまで画質が汚いということはなかったですよ(´∀`)
ただPS4版よりも敵のワラワラ感は少ないみたいですがそこまで気にする部分でもなかったように感じます♪

DQH (16)


今回はこんな感じです♪
最後に総評ですヽ(´ー`)ノ

★総評
ストーリー   A
全体システム  A
グラフィック  B+
サウンド    B
やりこみ要素  S

総合評価   A



今回はAを付けさせてもらいました

今までのシリーズとは全くの別物のアクションRPGとして今回リリースされたヒーローズですけど
全体を見ても非常に安心して快適にプレイできるゲームだと思いました(´∀`*)
欠点という欠点もそこまで見受けられなかったですし
普段全くゲームをされないという人でも全然楽しめる万人向けの作品だと思いました(人´∀`*)
とにかくなによりもやり込み要素が非常に多いのでやり尽くせば膨大な時間を必要とする感じもしました♪


まだまだクリア後もやることも多くあるので
他のゲームもやりつつもヒーローズも少しずつですがやっていけたらいいなぁと思います
それにヒーローズの続編もおそらくですが出そうな予感もしますのでそちらにも期待したいと思ってますヽ(*´∀`)ノ


それでは今日はこの辺で('ω')ノシ


ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城
(2015/02/26)
PlayStation 4

商品詳細を見る

テイルズオブゼスティリア / クリア後レビュー・感想

15:40

みなさんこんにちは♪

(20150122-160354).jpeg


今日はテイルズオブゼスティリアをクリアしたのでレビューと感想を書きたいと思います(*´▽`*)

※ネタバレも書いているのでプレイ前の方は注意してお読みくださいませ


プレイ時間は60時間前後でクリアしました♪
難易度はセカンドでプレイさせて頂きました(・ω・)


まずストーリーですがおおまかに言えば
主人公スレイを筆頭に「穢れ」と呼ばれる闇の存在に立ち向かい災厄の時代から世界を救うお話です

人間と天族はどうやったら共存ができるか?
人間の悪や疑心・悲観的思考から生まれる憑魔を浄化すべきなのか救済すべきなのか?
今回のキーマンでもある「災禍の顕主」はどのような存在であったのか?
スレイ達がどうして「導師」という道を歩むようになった本当の理由等も
後半になるに連れて徐々に今上げた事が次々に明かされてく構成となってます

TOZ (1)TOZ (2)

王道なシナリオ構成なので特に今回不満もなければ満足もそこまでなかったかの様な内容かと思います
特にすごい大きく変わる急展開などもなかった感じもしましたが
「人」や「心」という部分ではテイルズで一番生々しくというか忠実に描かれていたようにも思えました♪

ストーリーを追っていくとやっぱりキャラクターの入れ替わりもあります
全部で2回でアリーシャはロゼに引き継ぎ、デゼルはザビーダと交代という感じです

TOZ (4)TOZ (5)


デゼルとザビーダの交代に関してのストーリーは私は一番思い入れの強い印象・シーンとなってます
幼いころにザビーダの背中をみて育ってきたデゼルは最後まで自分自身の復讐という信念の為に生きて
自分を全うする姿最後に自分自身を犠牲にして今まで小さい頃から寄り添ってきたロゼが死にかけた時に
デゼルの魂を使って救出するというシーンがあるのですが

ひた隠しにしてきた自分の信念や気持ちよりも、自分が一番に思える人を大切に思える強さや覚悟を持つという部分で
デゼルというキャラクターは一番表現されていたと思いました。
ちょっぴり最後の別れのシーンではウルっと来る部分もありました(´;ω;`)
勿論他のキャラクターも個性と裏の顔といえばいいでしょうかそういうのがしっかりと描かれていると思います

ただアリーシャの設定だけは納得のできない部分が多く残りました(´・ω・`)
さすがにロゼや天族の皆はスレイを陪神や従士として扱っているのにアリーシャだけはスレイの重荷みたいな設定
天族と触れ合ったことがなく後天性で覚醒して従士になったのにスレイの目に負担がかかる表現
ロゼも同じ人間で境遇は違えどそういう表現は出てこなかったですしぱっと見差別されてる印象がありました

そこだけどうにかならなかったのかな?と思う部分もありましたが
他のキャラクターとの会話もやっぱりアリーシャ=お荷物みたいな展開が多すぎて可哀想に思えました
そう言うキャラクターはいてもいいとは思いますが折角のテーマを崩しかねないようにも思えます(´・ω・`)

TOZ (6)TOZ (8)
TOZ (9)TOZ (10)

エンディングはテイルズらしい素敵な終わり方で終わりました(*´ω`人)
最後は本当に意味深なエンディングで何十年後かの世界で再びあの二人が出会うみたいな感じです♪

全体を通してプレイし終えてですが
ちょっとおちゃらけた展開も明るい展開も多くありつつも真っ直ぐで純粋・綺麗なお話でしたよ(´ω`)


戦闘やシステム面は私的には文句なしです(*´ω`*)

TOZ (3)TOZ (7)

バトルシステムに関しては
若干やり難い部分や敷居の高めのアクションタイプですし癖が強いので
好き嫌いがはっきり分かれる感じですが
前回もお話した通り「1回毎の戦闘に駆け引きと緊張感」があるので
もし物足りなければ難易度を上げたりすればより達成感がある戦闘システムだと思いました(・ω・)

Weak・Regist・Reflectもしっかりと戦闘相手によって区別されていますし
敵にガードや耐性攻撃をするとSCの回復速度の遅延や激減と言った部分の兼ね合いもちゃんと織り込まれていて
全体の戦闘バランスも緻密に計算されてる所が凄かったです(*・ω・*)

移動面ではラインが基本ですが狭いところだとカメラワークが悪くなったりしてました
ラインバトルじゃなくてフリーラン・ノンターゲットな戦闘とかでも楽しかったのかもしれません
アクトスキルのフリー&フリーでそれを装着すれば可能で戦闘も私的には大分楽になった印象です♪
(スターオーシャンに近い操作だったらと、思ったり?w)

キャラクターでは一番ロゼが本当に扱いやすいキャラクターでしたね♪
さすがにダガー2本持ちの二刀流なので攻撃モーションも早くダメージも大きいので
スレイ以上に扱いやすいキャラクターだと思いました(*´ω`*)

天族ではライラとザビーダ(デゼル)辺りが後半の戦闘ではかなり活躍しました
ライラは魔法特化にしておけば範囲攻撃関係は他のキャラクターよりも発動が早いので使い勝手がよく
ザビーダ(デゼル)に関しては物魔両方レベル成長の能力の伸びが早く連撃性に優れている印象がありました♪
(勿論スキルや各種能力草利用によっても違うのでなんともですが...w)

前回の日記でもお話した通りグレイセスのシステムを継承・類似したものですが
ちょっとSC等の増幅が非常にシビアに構築されてる感じはしましたがそれでも戦闘は楽しいの一言に尽きました♪

従来通り○連打でもコンボや通常特技(割り振り技とは別)出来たり繋がったりするようになってますし
ボタン操作や配置も凄く簡単に作られているので敷居が低めな感じもしましたよ(´ω`)
強いて言えばオプションとかでももっと細かく操作設定とか変えられたら良かった印象もありました

特にBGを消費して秘技を発動したりすぐに神衣の着脱→即変更ができたりと大きな戦闘の変化も楽しめます
そういったリアルタイムで戦闘局面を常にプレイヤー自ら変えられると言う部分は凄く楽しめましたヽ(´ー`)ノ
なによりもアクトスキル内の戦闘スキルの使い勝手の良さには満足の行くシステムだと思います♪

また後半・終盤になってくると特技も多く覚えたり、称号熟練度をあげたりしつつプレイしてくのですが
SCが結構枯渇してしまったりして武具にSC回復速度、○○時にSC回復とかのスキルもかなり重要になってくる事も
宝箱にも「銀の鍵」「金の鍵」もあり各地に置かれているのでそういうのも開けたりすれば
レア度の高い武具も手に入ったりするのでスキルや性能も気を配っていかないと痛い目に合う時もしばしば
敵もかなり強くなってくるので色々と能力とスキルを見極めるのが大変でした(-_-;)


システムに関しても
前回お話した通りレベル以上に「装備品のスキル・武具・称号の熟練度」が重要なので
敵をとにかく倒して熟練度を上げて武具なら融合を行ったりしつつ
その都度キャラクターに適応したスキルが付与した武具を生成しながらボーナススキルを揃えたりと
やることはかなり多くあります(*´ω`*)

勿論色々と考えながら生成・融合や収集する部分も多くありますし
やりこみ要素としてあるので1回クリアしただけでは到達できないですし
難易度に応じてレアドロップ品もあったりするので繰り返し戦闘することが必須になってくると思います♪
そういった部分では物凄く良く出来ていると思いました(*・ω・*)

他にも試練遺跡とは別に各フィールドに一人や少人数で行う「坩堝」も準備されていたり
ノルミンと呼ばれる地の主と共にフィールド効果をもたらしてくれるかわいいキャラクターの回収もあったり
フィールドやダンジョンに生息する強化憑魔を見つけて倒したり、各所に点在する地の主を育てて地域効果を付与したりと
やりこみ要素としては物凄く広いと言う印象が目立つかと思います♪

あとはガルド(お金)の概念に関してはほとんど利用するのがファストトラベルや融合費用だけなので
武器を買ったりするのも融合用にスキルが多く付いてる武具やお得意様レベルを上げる位しか利用価値がないので
もっと別の用途でも利用できればよかったかなと思う節もありました

例えば「地の主」に通常のグレード稼ぎとは別に
ガルドをお賽銭代わりに上納してグレードに変換とかあったらよかったかな?とも(´ω`)w

悪いところではMAPに今まで目的を達するために自分で目的地を探したりしていくケースが多かったのですが
敷居を下げてる設定になっていてMAPの★マークを目指せばストーリーが進む考慮がされてました
シリーズをプレイされてる人からしてみればあまり馴染みがないですしちょっとやらされる感覚にもなるかも?
せめて表示・非表示の設定とか瞳石やサブクエストのみの適用とかなされてればよかったかなとも思いました

TOZ (11)TOZ (12)

グラフィックやその他に関しては
グラフィックはそれなりに綺麗ですがちょっと全体的に粗さが目立つような感じでしたね(´ω`)

その他に関しては戦闘終了後やチャットがとにかく面白かったですヽ(´ー`)ノ♪
シリアスなものもあるのですが大体ちょっと笑える展開が多いチャットばかりだったのでそれだけでも必見です♪

あとはMAP・ダンジョンが本当に従来よりもかなり広い作りになっていますし
中盤前後になると敵もリポップするのですが間隔がかなり長いのでレベル上げ等は少々しづらい環境でした
またカメラワークは戦闘中とか見難くなったりしますがそこまで酷いというほどではなかったです(´ω`)

TOZ (13)


今回はこんな感じです♪
最後に総評ですヽ(´ー`)ノ

★総評
ストーリー   B-
全体システム  B
グラフィック  B
サウンド    B+
やりこみ要素  A

総合評価   B



今回はBを付けさせてもらいました。

ストーリーに関してはですがB-と言う評価を今回付けさせてもらいました
先程も言った通りストーリーは可もなく不可もない王道で誰でも理解できるストーリー構成です
ただもう少しだけキャラクター同士のやりとりの見直しや起承転結のメリハリをしっかり付けて欲しかった所も多くあったので
今回はB-という評価に落ち着きました

特にもうすぐDLCで配信されるアリーシャの後日談も
正直な話本編のサブストーリー構成でクリア後でもいいので盛り込んでも良かったかなとも(・ω・`)

次回作がもし今後出るのであれば
ゼスティリアを超えるような作品を時間をかけてでもいいので
ユーザーの意見や声をしっかり聞きながらでちゃんと作って欲しいと思います(`・ω・´)

統括ですが私個人としてはゼスティリアは
「駄作」までは行きませんが「善も否もない純粋に楽しめるテイルズシリーズ」だと思いましたよ(´ω`)
特にやりこみ要素に関してはとても多いですし気長に楽しめるかと思いました♪

アリーシャの後日談のストーリーもエンディング後からのお話みたいなので配信されたらやる予定です♪
こちらはレビューは書けたら書きますね(*´ω`*)


それでは今日はこの辺で('ω')ノシ


テイルズ オブ ゼスティリア 数量限定特典 <豪華2大予約特典>テイルズ オブ ゼスティリア 数量限定特典 <豪華2大予約特典>
(2015/01/22)
PlayStation 3

商品詳細を見る

--- Gaming Site RSS ---




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。